成績を上げる勉強法(社会編)

いらっしゃいませ。一日ってほんとに短くて、やりたいことが終わらなくて困ってるシャルです。

私は、理系でセンター試験を日本史で受けたので、ほかの科目のことは詳しく話せませんので、そこの点はご了承ください。

いちおう、すべての科目を勉強しているのでそこそこのアドバイスはできますが。

さて、見ていきましょう。

文系社会

それぞれの分野で、理系の人とは違い、より深い知識、時代背景を要求され、それらを自分の言葉で紡いで、論述にしないといけないのが、文系社会です。

単に、教科書・資料集を眺めていても力はつきません。

自分の手で紙にいろいろ書いて覚えましょう。

すいません。理系の人間には、論述のことなんてこれくらいしか書けないんです。でも、暗記に関しては、文系・理系関係ないと思うので、そちらで悩んでいるお客様は、理系のほうもお読みください。

理系社会

たいていの場合、「センター試験を乗り越えればいい」っていうお客様が大半だと思います。

そして、「暗記して、選択肢から選べばいいんだろ?そこまでやらなくてもダイジョブでしょ。」と軽く捉えているお客様に忠告です。

それ、落ちる考え方ですよ。

確かに、選択肢から選べばいいですけど、「確信をもって、きちんと選べる自信ありますか?」ってことなんです。

ややこしい選択肢が多いですし、「これなんだっけ?やった覚えはあるのに、わかんねぇ」ってことも多々あります。

正解の選択肢を自信をもって選べるようにしませんか?

高校からは、主に日本史しか勉強していなかったので、分野にわけずにいきます。結局は、どれも暗記することが必須だと思うので。

社会の暗記

いかにして、効率よく単語や流れを覚えていくか。

それは、何度も何度も教科書を読むことです。

センター試験に必要な知識は、教科書に載ってます。

まぁ、必要ない知識も多いんですがね。

教科書が自分に合わない場合、問題集ではなく、教科書に似た参考書を買うのがいいでしょう。

そして、何度も読むことが必須です。

一度で覚えようと思ってもダメです。

はやく覚えて、点数を安定させたいでしょうが、「急がば回れ」です。

時間をかけて、覚えていくのが社会なのです。

また、「読んでも頭に入らない」という場合、覚えたい箇所を決め(教科書のここからここまで)、とりあえず、一度そこを読んでください。

その後、読んだ箇所をノートにまとめましょう。

このとき、あまり綺麗にまとめないようにしましょう。

なぜなら、まとめただけで満足することが多いからです。

まとめただけで覚えれるならそれでいいのですが、やはり覚えられないことが多いと思うので、少々雑に(自分に分かるように)まとめるのがいいでしょう。

ここでも、一度で覚えようとしない!

人は忘れる生き物なんです。

ですが、何度も何度も繰り返し、見て覚えようとすることによって、脳が「これは覚えなくちゃいけない情報なんだな」って認識し始めるのです。

一度で覚えられる人は、本物の天才です。たいていの人は、そんなこと出来ないので、安心して地道に勉強してください。

また、寝る前・起きた後に勉強するのも効果的です。

なぜなら、「脳は、寝ているときに情報を整理してくれる」から。

情報が整理されると、「知識の質」が上がります。

特に、寝る前に覚えたものは、「最新情報」として、記憶され、寝るときに一番覚えていることなので、質の高まり具合が一番いいです。

ゆえに、寝る前30分から1時間は、暗記に時間をかけると効率がいいです。

そして、寝る前に覚えたことを、ほんの2.3分でいいんです。

さらっと見直しましょう。

そうすることで、さらに寝る前に暗記したものの知識の質を上げることが出来、昼間に覚えたものよりも、忘れにくくなるでしょう。

まとめると

「教科書読む」→「ノートに書く」→「寝る前に見直す」→「睡眠」→「起きてさらっと見る」

このサイクルを繰り返せば、確実に短期間で暗記できます。

見る回数が増えれば増えるほど、忘れにくくなります。

といっても、忘れてしまうこともあるので適度に見直しましょう。ただ一度覚えたものは、忘れても思い出しやすいですし、また覚えればさらに忘れにくくなります。

結局、暗記とは「覚える」→「忘れる」の繰り返しです。

地道にやるのが近道なんですよ。

ちなみにですが、替え歌・語呂合わせを利用するものありです。

自分で考えるのもよし、インターネットで検索して有名なものを覚えるのも良しです。

私も総理大臣の順番は、語呂合わせで覚えました。

最後に

社会は、一日10分でいいのでやり続けましょう。

「継続は力なり」この言葉の意味が顕著に表れるのが、社会です。

長い道のりかもしれませんが、頑張ってください。

この記事を読んでいるお客様。他の科目でも、成績が上がらずに困ってませんか?

もしかすると、お客様に合った勉強法が見つかるかもしれません。

こちらも合わせてお読みください。