怠け者の私でも出来る!勉強のやる気を出す&持続させる方法

やる気

「勉強なんて早く終わらせたい」と思いませんか?

いらっしゃいませ。勉強なんてしたくもないシャルです。

あなたがこの記事を読んでいるということは、勉強に集中できないとか勉強に対するモチベーションがないという悩みを抱えているのでしょう。

私も、テスト期間・受験期は同じように悩み・苦しみました。

その結果、怠け者でも絶対に集中して勉強できる方法を発見しましたので、ご紹介していきます。

今日のポイント

今日のポイントです。

  • まずは環境を整えよう
  • とにかく机に向かうことが大事
  • ご褒美制度はいらない?
  • せっかく出たやる気を無駄にしない方法
  • やりたくない日に無理にすることはない

勉強する環境は大事!

まず、勉強する環境は整ってるかい?

勉強する環境?

あなたが思っている以上に環境を変えることで勉強に集中できちゃうんです!

  1. カフェや図書館に行く
  2. 耳栓・イヤホンをする
  3. スマホを勉強する部屋に置かない
  4. 部屋でアロマを焚いてみる

どうでしょう。案外簡単に出来そうでしょ?

カフェや図書館に行く

家で勉強しようとしても、テレビ・ゲーム・マンガ・布団・おやつなど、何かと誘惑が多いですよね。

そんな環境じゃ、なかなか集中力も意志力も続きません。

私も家にパソコンやら、PS4やらあって全く集中出来ず、試験前でも勉強せずに遊んでました。

「でも流石にやばい」と思って、気分転換も含めて外へ出て、カフェや図書館に行ってみたんですよ。

そしたら、勉強が進む、進む

娯楽が少なく、やらなければならないことが目の前にあるので、怠け者の私でもきちんと勉強出来ました。

もし、「家で勉強できない」と困っているなら、外で勉強してみるもの手ですよ。

耳栓・イヤホンをする

「周りの音がうるさくて・・・」「勉強を始めてもなかなか集中できない・・・」

最近、マルチタスクが流行っているみたいですが、人間の脳(特に男性の脳)はひとつのことに集中したほうが、効率がよい&集中できるんですよ。

勉強は目と手でしているのに、音楽を聴くことにより耳や口まで使ってしまったら頭の中でいろんな情報が入ってきて、集中どころではありません

だから、集中したいなら、できるだけ無音にしましょう

そのためのオススメのアイテムが耳栓・イヤホンです。

ポイント
  • 無音の方が集中しやすい→耳栓
  • なにか音楽がかかってる方が勉強しやすい→イヤホン

無音のほうがいいとは言いましたが、「気分が乗らないから、音楽が欲しい」なんてことありませんか?

実は、集中できる音楽があるんです!!

後ほど紹介しますね。

耳栓

耳栓ってつけたことありますか?

一切ほかの音が気にならなくなり、無音に近い状態になります。

自分の作業音が聞こえる場合があります。

「気が付いたら、3時間経っていた」なんてザラにありましたし、作業もはかどります。

「集中できない」って悩んでいる場合は、ぜひとも、一度使ってみてほしい!!

そして、「なにを買ったらいいかわからない」ってあなたにオススメなのが、これ!

使い捨てタイプなので、衛生面もばっちり。

そして、気に入って「使い捨てじゃ我慢できない」ってなったら、こちらのシリコンタイプがオススメです。

どちらも1000円以下で買える優れものなので、ぜひ!

イヤホン

勉強中に、聞いていい音楽聞かないほうがいい音楽とあるのをご存知でしょうか。

そして、多くの人が聞いてはいけない音楽を聞いて、勉強しています。

勉強中に聞かないほうがいい音楽とは、歌詞のある音楽です。特にあなたの大好きな曲は勉強への集中を妨げてしまいます。

「曲の歌詞が頭に浮かんできて、目の前の簡単な問題にすら集中できなくなった」「いつの間にか口ずさんでたら、曲終わるまでペンが止まっていた」なんて経験ありませんか?

そう、歌詞を思い出したり、ノリノリで口ずさむと耳と口に神経が集中してしまい、問題を解いたり重要な箇所の暗記に使う脳の部分に神経が回らなくなり、その結果、勉強が進まない事態に陥ってしまうのです。

でも、逆に考えてみてください。

歌詞があるから、集中できないんです。

歌詞がなければいいじゃない!

歌詞がなければ、頭に浮かぶことも口ずさむこともありません。

では、歌詞のない音楽とは?

クラシック・ジャズ・ピアノなどが代表的です。

主にこれらは「インスト曲」と言われていて、歌詞がなく、集中モードへ引き入れてくれる効果も持つ音楽となっています。

カフェで流れている音楽もこれで、「カフェのほうが勉強しやすい」という理由の一つでもあるでしょう。

私もなかなか集中モードに入れないときに聞いて、作業や勉強をしています。

特にオススメなのが、この2曲。

他にも似たような曲がたくさんあるので、ぜひあなたに合った曲を探して、勉強に取り入れてみてください。

スマホを勉強する部屋に置かない

今やスマホなしでの生活なんて考えられなくなってきましたよね。

どこに行くにもスマホ、何をするにもスマホ、どんなときも常にスマホを持っている状態です。SNSやYouTube、ゲームアプリなど、スマホさえあれば一日中暇をつぶせます。

「勉強しなきゃいけないのに、Twitterを見たくなる」「あの人の最新動画出たかな~」なんて気になってきますよね。

でも、勉強しなきゃならないときもある。特に定期試験前や受験前など。

「テスト前に携帯を触っていたら、2時間過ぎていた」「スマホ見てたら、寝落ちしてノー勉」なんて経験ありませんか?

経験したことがあるなら、痛感できると思いますが、「昨日、スマホ触らなければ・・・」と後悔しますよね。

だから、スマホを勉強する部屋に置かないようにするんです。

どうすれば、スマホをあなたから遠ざけることが出来るのか、まとめておきました。

スマホを遠ざける方法
  1. 親にスマホを預け、やることをやってから返してもらう
  2. スマホを持たずに、カフェや図書館へ行って勉強する
  3. スマホを解約し、ガラケーに戻す

3つ目はさすがにできませんでしたが、1.2はよくやっていて、普段からは考えられないくらいに集中出来ましたね。

無理やりにでもスマホを触らないようにすれば、以前よりグッと効率が上がるますよ。

どうしても集中してやらなければならないことがある場合は、この方法を試すといいですよ。ぜひ!

部屋でアロマを焚いてみる

知っていますか?

アロマの効果で心も体もリラックス出来るので、気持ちを切り替えて勉強することが出来るんです!!

いい匂いの環境で集中して勉強を終わらせることが出来れば、一石二鳥じゃないでしょうか。

私は、何かやるとき必ずと言っていいほどアロマを焚いています。

焚いていないときとは打って変わって、やる気も集中力もグーンと上がりました。

もしあなたがアロマの香りが嫌ではないなら、試してみてください。

勉強するときに使うといいのは、

  • グレープフルーツ
  • レモン
  • ローズマリー
  • ペパーミント
  • ユーカリ

などですね。

私は、よくグレープフルーツ・ローズマリーを多用しています。

どちらもいい香りでアロマ初心者にはオススメです!!

安くて、ドラッグストアに売ってるので初心者にオススメ!

ただ、ずっと香りが続いてしまうので、それが嫌ならやめておいたほうがいいです。

部屋にあるだけでおしゃれ!好きな時に好きな香りをお楽しみください。

アロマの香りがOKな人向け。他に比べると少々高めですが、これからずっと使うならこれ!上下セットで買ってお楽しみください。

嫌な臭いのところで勉強したくありませんよね。

「アロマでリフレッシュしつつも集中する」これで、一気に勉強することが出来ますよ。

何もしなくていいから机に向かってみる

ホントとやる気出ない

5分でいいから机に向かってみなよ

勉強しなきゃいけないのに、なかなかやり始めることが出来ないあなたにオススメなのが、何もしなくていいから机に向かってみる方法です。

5分だけでいいんです。

初めのうちは、ただ座っているだけでいいですよ。

そのうち、参考書を開いたり、問題を1問解いてみて下さい。

5分経って、「今はやるときじゃない」と感じたら、やめてもOK。

なぜかわからないけど、急にやる気が出てきて、勉強を続けてもらってもOKです。

やる気がなくても、とにかくやる!やって「嫌だ」と感じたらやめる

とにかく、やってください。そうしたら、勉強に向かうあなたの気持ちもどんどん前向きになっていくはずです。

ご褒美制度は設けないほうがいいかも!?

いつもご褒美を待ちきれないんだよ

その制度やめたほうがいいかもよ

あなたは、自分で設定したご褒美を我慢できますか?

「このページまでやったら、おやつ食べよ」「この科目の勉強終わったら、ゲームしよ」

これは、よくある「勉強したら自分にご褒美を与える」例ですが、毎回毎回きっちり守れていますか?

勉強の後に待っているおやつやゲームのことばかりが気になって、全く勉強が進まず、「おやつ食べてから、ゲームしてから勉強しよう」ってなってしまい、結局勉強せずに一日が終わってしまうなんてことになっていませんか?

確かに、ご褒美があるとわかれば、モチベーションも変わってきますし、勉強のやる気を継続させるためにも重要なことなのかもしれません。。

でも、ご褒美が気になって、気になって仕方ないという状態になってしまっては本末転倒。

勉強するために設定したはずなのに、勉強の妨げとなってしまっています。

あなたが、ご褒美制度を守れる人なら設けてやるのは効果的ですが、守れないならやめておいたほうがいいかもしれません。

他にあなたに合う方法を探していきましょう。

勉強のやる気を持続させるには

やる気って継続しない・・・

工夫を凝らせば大丈夫!

「ちょっと勉強に対してやる気が出て、勉強を始めたら、ものの5分でやる気を失った」なんて経験ありませんか?

意外とやる気続きませんよね。

せっかく出たやる気を無駄にしてしまってはもったいないので、それをどうにかして持続させる方法をお話していきます。

  1. トマトタイマーを使う
  2. わかるところ・好きなところからやり始める
  3. 「キリの良いところ」ではなく「キリの悪いところ」でやめる

トマトタイマーを使う

「ん?」と思ったあなた、ポモドーロテクニックって知ってますか?

集中して仕事をこなすために、25分毎に時間を区切って仕事をする時間管理術。Francesco Cirillo氏が1992年、自身の勉強効率を上げるために考案した。

手順

  1. 25分を1ポモドーロとし、やるべきタスクを1ポモドーロ刻み(25分毎)に分ける
  2. 25分間は、他の事は一切やらず、タスクに集中する
  3. 25分経てば、5分間の休憩を入れる
  4. 4ポモドーロ毎(2時間毎)に30分程の長い休憩をとる
  5. 後は上記を繰り返す

引用元:はてなキーワード

このテクニックは、だいぶ有名なので知っているかもしれません。

ですが、実際にやったことはありますか?

やったことがない場合は、絶対やってみてください。

かなり効果が高いです!!

別に25分を20分・30分とかに変えちゃってもいいので、一回やってみてください。

ハマる人はハマります!!

でも、合わない場合もあります。合うかどうかはあなたの身体で体感してください。

ちなみにトマトタイマーについては、考案されたときにトマト型のキッチンタイマーを使っていたから、ポモドーロ=トマトタイマーとなっています。

一回スマホのタイマー等でやってみて、ハマった人はぜひ買ってみてはいかがでしょうか?

スマホ中毒者の方は、スマホを勉強スペースから遠ざけるためにもぜひ!!!

わかるところ・好きなところからやり始める

「頑張って勉強をし始めたのに、いきなりわからない問題に出会ってやる気そがれて、勉強辞めちゃう」なんて経験ありませんか?

「よし、勉強するか」→「いきなり難問にぶち当たる」→「10~30分考える」→「わかんない」→「もう、無理。やめよ」

なら、自分が解ける問題・わかる問題から解き始めればいいじゃない!

ご飯も嫌いなものから食べるより、好きなものから食べるほうが気も乗りますし、ご飯もおいしく感じることが出来ますよね。

英語が好きなら、英語から。数学なら数学。と好きな科目からでもOKです。

勉強自体が嫌いな方・どの科目も苦手な方は、答え見ながらでいいので問題を解いてみましょう!

「キリの良いところ」ではなく「キリの悪いところ」でやめる

「今日はここでキリがいいからやめよう」「あとちょっとでキリがいいから、そこまでやって休憩しよう」とキリがいいところを一つの区切りとして活用している人が多いように思われます。

ですが、実はキリが悪いところでやめたほうが効果的なこともあるんです。

キリがいいところで終わらせてしまうと、やることが終わると同時に集中力も切れてしまうことが多いです。

一つのことが終わると、すっきりしてしまい「次の宿題をやろう」「このまま解き進めていこう」という思いより、「ちょうど終わったから休憩しよう」という思いが強くて、休憩し、最終的にその日に続きをやらないことありませんでしたか?

そうならないためにも、あえて途中でやめるんです。

そうすれば、「消化しきれていないから、早く終わらせよう」と考え、やる気が出てきます。

さらに、1つのことをやり終えてノってきた勢いを殺さずに、次の問題や勉強に移ることが出来れば、一石二鳥です。

「やめる前にある程度やっていたことに対して考えたり、解決策を講じたりしていると、再開するときに1から始めなくてもいいので集中モードに入りやすい」というのもメリットです。

言葉だけでは信じられないと思うので、実際にやってみて効果を実感してください。

やりたくない日は勉強をしない

たまにはいいよね

机に向かってみても、なんかやる気出ないし、もう無理!って感じる日は勉強のことは忘れて遊んでしまいましょう。

どんなに頭のいい人だって、やりたくない日・集中できない日はあります。

だから、あなたが「今日は勉強したくない」と感じる日があったっておかしくはありません。

そんな日には、無理せず、気分転換のためにも勉強のことは忘れちゃいましょう!!

ただ、これが「何日も続く・頻繁に起こる」となると、いつまで経っても勉強が進みませんので、ほどほどにしましょう。

まとめ

今日のまとめです。

最後に

自他ともに認める怠け者である私が勉強のやる気を出すために、いろいろ試してみた結果に見つけた方法論です。

やりたくはないけど、どうしてもやらなきゃいけないとき。そんなときに活用していただければと思います。

勉強方法について、悩んでいるなら、こちらを読んでみてください。

国語苦手な国語 出来ない理由・勉強法・参考書を徹底解説 数学数学が苦手なあなたにぴったりな勉強法と参考書 成績を上げる勉強法 (英語編) 成績を上げる勉強法(理科編) 成績を上げる勉強法(社会編)