仕事にやりがいを感じなくなったあなたへ

やりがい

仕事にやりがいを感じない・・・

いらっしゃいませ。シャルです。

「やりがいがない」って悩んでいるあなた。

無理してまで、やりがいを求めることはやめましょう。

今日のポイント

今日のポイントです。

  • やりがいは、意欲と報酬で出来ている
  • 仕事にやりがいを感じる必要はない
  • やりがいを感じるなら、好きなこと・趣味に!

「やりがい」ってなに?

最近、やりがいを感じないんだよね。

ふむ。まず、やりがいってなんだろうね。

まず、「やりがい」ってなんなんでしょう。

辞書を引くと、こう書いてあります。

そのことをするだけの価値と、それにともなう気持ちの張り。「遣り甲斐のある任務」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

つまり、あなたの仕事に対する「意欲」と仕事に見合った「報酬」です。

報酬の中には、お金・感謝・評価・出世などがあります。

意欲も報酬もどちらも満たされている状態だと、あなたは仕事にやりがいを感じています

「やる気はまんまんなのに、周りからの評価が良くない」「収入は充分かもしれないが、仕事したくない」

そう思っていたら、やりがいを感じていない証拠ですし、なにより仕事が苦痛でしょう。

逆に、やりがいを感じているのはどんなときでしょうか。

「仕事内容が褒められたとき」「ボーナスが貰えたり、収入がアップしたとき」「誰かのためになっていると感じたとき」

そんなときに「この仕事やってて良かった!」とやりがいを感じるのではないでしょうか。

一瞬だけ。そう、一瞬。

あなたは、これまでに感じた「やりがい」を覚えていますか?そして、思い出した「やりがい」で明日の仕事への意欲が湧きますか?

思い出せてはしても、明日の仕事に行きたくないのは変わらないでしょう。

やりがいを感じ、余韻に浸れるのも1日が限界です。

3日も経てば、仕事に追われ、「やりがい」なんて考えている暇もありません。

1週間も経てば、思い出さない限り、考えもしません。

そんなもんなんです。「やりがい」って。

「やりがい」を感じれない日々があるからこそ、「やりがい」を感じたときに充実感を得られるんです。

これは、「月に1回、普段は食べないような高級料理を食べる」ことに似ています。

たまに、得られるからこそ価値がある。それが「やりがい」なんです!

まとめると、「やりがいとは、仕事が充実しているときに一瞬だけ感じるもの」

無理に仕事のやりがいを感じる必要はない

仕事にやりがいは必要ないよ

先ほど、話したようにやりがいは一瞬だけのものです。

感じようと思って、感じれるものでもありません。

だから、無理にやりがいを求めないでください

やりがいを求めるために仕事をし、やりがいを感じれなかったから、さらに仕事をする。

それでは、やりがいを感じる前にあなたの身体が持ちません

「仕事をするから、やりがいを感じる」わけではありません。

「やりがいを感じたから、仕事を頑張る」のです。

ゆえに、あなたが仕事に対して、やりがいを持っていなくても当たり前。

仕事している人、全員がやりがいを感じていたら、「ブラック企業」「仕事による鬱」「上司や部下への不満」なんて出るわけありません。

あればいいけど、無くても支障はない。

そんなものですよ。

だから、無理にやりがいを感じようと努力しないでください。

好きなこと・趣味にやりがいを感じよう

好きなことをしましょ

でも、「やりがい」を感じない人生なんて地獄と変わりません。

だから、仕事以外にやりがいを感じましょう!!

オススメなのが、好きなこと・趣味にやりがいを感じることです。

好きなことなら、進んでやりたくなりますし、仕事なんかより充足感を得られます。

つまり、勝手に意欲報酬(心が満たされる)も湧いているんです。

これ以上に素晴らしいことはありません。

さらに、仕事のように誰かに強制されてイヤイヤやるものでもありません。

さぁ、好きなこと・趣味に没頭しましょう!!

え?時間がない?

ん?趣味がない?

時間も趣味もあなたの手で作り出すものですよ。

時間がない

よく聞く言い訳ですね。

ですが、本当にそうでしょうか。

30分だけでいいから、時間を作ってみてください。

コツとしては、家に帰ってからのすぐの30分を趣味の時間に回すことです。

やる気がなかったとしても、ちょっとだけやりましょう。

読書が趣味なら、本を出して開く。

プラモデルなら、キットを机の上に出してみる。

ゲームなら、電源を入れてコントローラーを握る。

それだけでいいです。そこまでやってから「やる」or「やらない」を決めてみましょう。

「やる」なら、そこから30分。「やらない」なら、30分は何をしてもいい時間。

これならできる気がしませんか?

今からでも実践できるお手軽な方法です!

趣味がない

本当にそうでしょうか。

趣味とは、「あなたが楽しいと思って取り組めること」ですから、何でもいいんですよ。

人に話せるものじゃなくてOK。

ダラダラすること・YouTubeを見ること・お風呂にゆっくりつかること。

これらだって立派な趣味です。

他人の趣味を聞いて、萎縮するのはやめましょう。あなたの趣味は、あなた自身が決めていいんですよ。

まとめ

今日のまとめです。

最後に

「やりがい」を感じないから、仕事。

それじゃ、あなた自身をブラックに追い込んでいるだけです。

「仕事にやりがいを求めよう」なんて考えは、もうやめてあなたの人生を楽しみましょう。

毎日がつまらない人は、こちら。

つまらない  つまらない毎日がつまらないあなたへ。人生を変えませんか?