りらくしティ

りらくしティ

日常・小ネタ

私ってちょっとおかしいんだ

いらっしゃいませ。1日が48時間になればいいのにと常々思っているシャルです。

ちなみに、文字は「怪文書ジェネレーター」というサイトで作りました。ありがとうございます。

今回は、捉え方によっては重たい話かも知れません。

画像は、狂気じみた感じで作りましたが、狂気要素はありません。

ふと「私って、周りの人と違う」ということを考えてしまいました。

こういうところが変わっているのかも知れません。

  • どうしてそう思うのか
  • どう違うのか
  • どうなりたいのか

について、お話していこうと思います。

どうして「人と違う」と思ったのか

ほんとに、ちょっとしたことでした。

授業中、ふとどこからか携帯の音が「ピロロロ~」と鳴ったのです。

「それが、どこから発せられたものなのか」というのも考えず、無意識に発信源を探していたのです。

周りでは、誰もそんなことしていません。

それで気づいたのです。というより前々から気づいていました。

「教室の扉を開け閉めする音」「誰かが自分に近づいてくる音」「外から聞こえる声・音」それら全てに私は反応し、無意識のうちに目を向けていたのです。

当然、我慢しようと思えば、出来るのですが、我慢すると、「気になるな」と思ってしまうのです。

ある程度大きな音がなったときにしかキョロキョロはしないのですが、それでも周りの人は誰もそんなことしないのです。

だから、思ったのです。「あれ?自分っておかしいのかな」って。

まぁ、特に生活に支障は出ていないので全然いいのですが、こんなことを知人には話せないので、ここに書きます。

どんなところが変わっているのか

  • 電車や人の多いところでは、キョロキョロ周りを見渡しがち
  • 周りの音に敏感
  • 他人の心が読めない
  • 他人の話を覚えていられない

どうも私は、「周り」が気になるようで、それでいて「他人のこと」がわからないようなのです。

なかなかに気持ちが悪いですね。

電車に乗って、席に座ったとしても何度も周りを見渡してしまいます。

それに、友達の話を聞いていても、その場では話に合わせるように相槌を打つことは出来るのですが、いざ「なんの話だったか」というのを振り返って考えてみると、ほとんど思い出せないのです。

流石に衝撃を受けた話などは、きちんと覚えていますが。、

正直、「自分って異常なんだな」と痛感しました。

電車の中で、キョロキョロしてる人なんてほとんどいませんし、多くの人が話を断片的にでも思い出せるでしょう。

自分は、他人とは違うんだ!というマインドを持っている私ですが、流石に以上の行為は常軌を逸しているように思えます。

治します。

どうなりたいのか

私は、普通になりたいとは思いません。

ですが、少しは治さないといけないことだらけなので、治そうと思います。

  • 特に用がないのにキョロキョロしない
  • 他人が何を考えているかをある程度わかるようにする
  • 他人の話を要約できるくらいにはしたい

とりあえず、この3つを守れるようにはしたいです。

ないよりはあるほうが人生が楽しくなりそうなので、変われるように努力します。

最後に

他人と違うところを見ると、軽い多動性障害のような気がしますが、実際どうなのかはわかりません。

まぁ、じっとしているのは、苦手なので、もしかするとそうなのかもしれませんね。まぁ、そこまで気にしてはいませんが。

今の自分を改善できるよう努力します。

いままで、心の病院などには行ったことがないので、詳しくはわかりません。

「こうしたほうがいい」「あれはやっちゃダメ」などありましたら、コメント欄で教えてください。

コメント欄

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。