りらくしティ

りらくしティ

日常・小ネタ

やりたいことのために時間を削る方法

いらっしゃいませ。やりたいことがありすぎて、体が追いつかないシャルです。

現在大学生の私がやりたいことは、

  • イラストの勉強
  • タロットカード作成
  • ホームページの改良
  • プログラミング言語の習得
  • 筋トレ
  • 自分のブランドを立ち上げる
  • 積読してる本を読む
  • バーなどに出かけ、見知らぬ人と喋る
  • 一人暮らしするための資金繰り

などなど、いろいろでてきます。

そこで、皆さんに質問です。

やりたいことありますか?

今回は、ひとつでもやりたいことがあって、いても立ってもいられないお客様へ、自分の時間を作る方法をお話していきます。

学生さんや社会人に読んでもらいたい記事です。

やりたいことはなんですか?

お客様が、本気で「やりたい!」って思うことはなんですか?

私の場合は、「イラストの勉強」「タロットカード作成」「ホームページ改良」など、ブログのことが多いです。

現に、私はココ最近は毎日イラストを描き、毎日投稿しています。

いくら下手であろうがね。

「やりたい!」って本気で思ってるので、私はやってます。

お客様には、それくらい熱中出来ること・してみたいことってありますか?

なければ、こちらを読んでみてください。

「時間が無い」「忙しい」それを言い訳にやりたいことが出来てないのであれば、続きを読んで、自分のための時間を作ってください。

やりたいことのための時間作り

お客様、今日の予定、明日の予定、さらには、今週の予定を今一度見直してみてください。

学生さんであれば、学校・アルバイト。

社会人であれば、仕事・飲み会。

それだけで、埋まってるかと思います。

もし、埋まってなれば、時間がたっぷりある証拠です。

すでに、1日の大半をやりたくもないことで埋められ、帰ってきたときには、疲れきっている。

「一体いつ時間が出来るのか」と思ってる人も多いでしょう。

ですが、自分が思っている以上に時間は作れるんです!!

前置きが長くなってしまいましたが、ここから時間の作り方を見ていきましょう。

自分の1日の行動を振り返って見ろ!

さて、自分の平均的な日常生活を振り返って見てください。

例えば、こんな感じに。

やりたいこと1

学生さんのモデルを作ってみました。

あくまで私の想像です。

もし、「曜日によって、学校・仕事の始まる時間・終わる時間が違う」って方は、1週間全て書き出して見ましょう。

削れる時間はどこか考えてみろ!

無理したって仕方がないので、無理のない範囲でいいです。

「どこも削れないよ!」って方に、アドバイスです。

削ろうと思えば、削れる時間

「この時間だけは、至福なので削れません」って場合は削らなくてもいいですよ。

  • SNS・ゲームをしてる時間
  • バラエティ番組をダラダラ観てる時間
  • 人付き合いで遊びに・飲みに行く時間
  • ※1:睡眠時間(できる人だけ)
  • ※2:(学生さん限定)授業にでない
  • ※3:(社会人限定)残業しない・休日は仕事をしない

※1:睡眠時間を削って、次の日に支障が出たりしたら意味が無いので、できる範囲で削りましょう。

※2:出席日数等はあるので、最低限卒業出来るくらいには、出席して、やりたいことをやってください。出席するしないに関しては、自己責任です。休んだ分はいずれやらなければならない事なので、堕落しない自信があるならやってください。

※3:現在の社会では、「残業・休日出勤当たり前」というよろしくない風習がありますよね。必要ないなら、しなくていいです。「仕事が出来る人間は、いかにサボるかを知っている」と言われています。頑張りすぎることはないんです。

と、以上が、私が考える削れる時間です。

削りすぎて、やらなきゃならないことを疎かにはしないようにしてくださいね。

実際に削ってみろ!

例えば、先程の例で行くと、こんな感じに修正できます。

やりたいこと2

こうすることで、1時間でも2時間でも、自分のための時間を作ることが出来るのです。

いつ切れるか分からないような人間関係に毎回毎回付き合う必要はないのです。

適度な付き合いをしつつ、自分のやりたいことのための時間を作りましょう。

最後に

「塵も積もれば山となる」

少しずつでも、やりたいことをやってみましょう。

時間はかかるかもしれませんが、理想の自分に近づけますよ。

コメント欄

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。