りらくしティ

りらくしティ

日常・小ネタ

私にとって不満なスマホに関するたった1つの行為 ~前編~

いらっしゃいませ。春休み終盤ということで、本格的に萎え始めているシャルです。

さて、今回は、私自身が日常生活で感じた不満を述べていこうと思います。

前編・後編に分けて書きます。今回は、きっかけから実体験までです。次回は、自分的に許せる例とどうしてほしいのかです。

※これに関しては、いろんな人の意見を聞いてみたいです。思うことが少しでもあれば、コメントください。

何に不満かというと

友達や家族といるのに、ずっとスマホを見てる人です。

「分かる!!」って人もいれば、「ん?どゆこと?」って人もいるでしょう。

これをみて、やめろとは言いませんが、私はこれを見てて不快ですので、やめてほしいです。

誰かといる時にずっとスマホを見てる人とは?

簡単に説明しますと、

  • 電車で友達といるのに、スマホ見てる
  • 友達や家族と食事中にスマホを見ている
  • 部活中にスマホを見ている

ような人たちです。

不満を持ち始めたきっかけ

あれは、高校生の時でした。

いつも通り、友達たちと電車に乗って帰ってる時です。

同じ学年の子たちが、5~6人集まって、席に座り、みんなそれぞれがスマホを触っていたんです。

「んー、ちょっと違和感あるけど、まぁ、そんな日もあるかなー」って思って、その日は普通に帰りました。

ですが、いつ見ても、その人たちは、それぞれがスマホを触っていたんですよ。

この光景に、違和感を覚える人、覚えない人、見慣れた人、どうでもいい人、色々いるとは思いますが、私の場合は、ものすごい違和感でした。

当時は、「艦隊これくしょん」や「モンスト」「パズドラ」などが、猛威を振るっていた時期だと(勝手に)思っています。

異論は認めます。

たぶん、彼らはそれらをやっていたんでしょうね。

まぁ、スタミナ制のゲームは、消費しないともったいないですからね。気持ちはわかりますが、

家で一人の時、やれよ!!!

って当時すごく思いました。

他人の人間関係に文句を言う筋合い等はないんですが、せっかく友達といるんですから、喋ればいいじゃないですか。

わざわざ、外にいるとき、ましてや友達といるときに、することでは、ないですよね。

私は、そう思います。意見があれば、ください。お待ちしています。

ということがきっかけです。

そして、よくよく周りの人たち(特に、高校生や中学生など)を観察してみると、そんな人たちが多かったんですよ。

でも、当時は、違和感を覚えたくらいで、怒りや不満等はあんまり感じませんでした。

自分が本気で不満を覚えた事件

あれは、浪人生のときです。

授業中なのにもかかわらず、スマホを触っている人たちが何人もいるんです。

「え?スマホ?なにしに来てんだ?お前ら」ってすごい感じたんですよ。

高校の時は、学校でもスマホは禁止されていたんで、そんなことはなかったんですよ。

授業中に触っていることより、浪人しているのにもかかわらず、危機感もなしに、スマホをいじっていることに気味悪さ・怒りを覚えました。

もちろん、授業中に触ることはだめですよ?

4.5月あたりだったので、まだ友達でも何でもなかったんで、「こいつらとは、かかわらないほうがいいな」ってことで、距離を置いておきました。

お客様の中には、「なんで、そんなことで?」って思うかもしれませんが、ほんとに、私は「気持ち悪い」って思いました。

浪人期の闇ですかねぇ。。ほんとに浪人期は病みますよ。

実際に指摘したくなった場面

ん?二人でいる必要ある?

ある日、とある二人組の女の子たちが、私の乗っている電車に乗ってきたんですよ。んで、私の目に入る位置に座ってきたんです。

まぁ、私は、ぼーっと顔をあげて座ってたわけですよ。(新歓のこととか考えながら)

そしたら、座った瞬間に、二人とも黙ってスマホを取り出して、いじってるわけですよ。

んで、どうやら目的地に着いたみたいで、途中で降りたんですけど、その間会話0。

たまたまおとなしい子二人組だったんですかねぇ。でもそれにしても、10分くらい一緒にいて、会話0ですか。

どうせ、SNSとか見てるんでしょうけど、一人の時にでもすればいいんじゃないですかねぇ。

一緒にいて、どっちもスマホ触って会話0なら一緒にいなくてもいいんじゃ。

そんなにスマホが大事か?

最近の話です。

サークルの先輩と、二人でご飯に行くことになったんですよ。

店について、席に座ったところまではよかったんですけど、その先輩、席に着いたと同時にスマホを触りだしたんですよ。

私がいるのにですよ?

さすがに、指摘なんてできませんし、「何してるんだろう、そんなに重要なことかなー」って思って、話を振ったんですよ。

なにか話し始めたら、さすがにスマホ見るのやめるだろうと思ったんです。

でも、やめなかった。(# ゚Д゚)

チラッと見たんですよ。

何してたと思います?

SNS!!!!!でした。

生身の私は、この場にいない人たちに、負けたんです。

くやしいぃぃぃ

そんなに、私の話が面白くなかったんですかねぇ。

しかも、私と話しているときも触ってるんですよ。(´;ω;`)

これは、私が悪いんですかねぇ。

料理がきて、食べ始めて、私と喋っている間にも、まだ触ってるんですよ。

そんなにSNSが大事なんですか?

ほんとにやめてほしいです。

そのときは、怒りよりも悲しみのほうが大きかったです。

いや、さすがに今はスマホ触んじゃねえよ

サークルで、新歓に関する会議があったんですよ。

「良かったところ、悪かったところ、次にどう生かすか」などなど、先輩たちも来て会議してたわけですよ。

けっこう真剣にやってたんですが、ふと隣を見たら、

友達がスマホをいじってるわけですよ。

「いや、さすがに、聞いてるだけだとしても、こんなときに、スマホ触んなよ。」って思いましたし、先輩たちも何人か気づいてそうでした。(実際どうかわかりませんが)

しかも、またSNSですよ。青い鳥のやつです。

もう意味が分かりません。

今目の前のことより、ほかの人が何言ってるか、何してるか、どんなキラキラな日常を送っているのかを知るほうが楽しいんですか?

ほんとに訳が分かりません。

最後に

前編は、これで終わりです。

後編に続きます。

今回は、私が日常生活で感じた怒りをぶちまけただけになってしまいましたが、読んでくださりありがとうございます。

(自分でいうのもなんですけど)私自身、あんまり怒らない性格なんですけど、いくつかのことに関しては、本気で嫌いで、ホントに人々に見直して欲しいことがあるんです。

不快になられた方、すいませんでした。

ですが、これを言いたくてもあんまり言えない状況だったので、つい書いてしまいました。

もし、よろしければ、後編もお読みください。

気が向いたら、コメントください。

コメント欄

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。