りらくしティ

りらくしティ

アレルギー

食物アレルギーってなに?

いらっしゃいませ。布団の上で作業してるといつの間にか寝て1日無駄にしてしまうことが多いシャルです。

今回は、「食物アレルギー」について、お話したいと思います。

私自身、生まれつき食物アレルギーがあり、多くの人とは違った人生を送ってきました。

食物アレルギーとは

お客様は、「食物アレルギー」についてどれくらい知っていますか?

「特定の食べ物を食べたら、じんましんが出る。」程度のことを知っている人は多いと思います。

しかし、それだけではないのです。

そのことを、この記事を読んでわかって欲しいです。

食物アレルギーを持ってる人の割合

一般的に、全体で食物アレルギーを持っている人は1~2%、乳幼児では10%くらいと言われています。

すなわち、「10人に1人は食物アレルギーを持って生まれてくるけど、成長するにつれ、治っていき、成人する頃には完治している人」が多いということです。

成人から食物アレルギーを発症する人もいます。

案外多いと思いませんか?

お客様の知人や家族が食物アレルギーだったり、アレルギーになったりした時のために「食物アレルギー」についての知識を深めといてほしいです。

症状が出る食べ物

まず、知っておいてほしいのは「どの食べ物を食べたら症状が出るかは人それぞれ」ということです。

食物アレルギーの原因食物としては、主に27品目あります。

加工食品に表示が義務付けられているもの 卵・乳・えび・かに・小麦・そば
加工食品に表示が推奨されているもの あわび・いか・いくら・オレンジ・キウイ・牛肉・くるみ・さけ・さば・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン・カシューナッツ・ごま

推奨されているだけなので、含まれていても書いてない場合もあります。

また、これら27品目の他にもあるので、お気をつけ下さい。

もし、食べた場合の症状

主に5つの症状があります。

  • 皮膚症状(じんましん・かゆみ)
  • 呼吸器症状(呼吸困難・くしゃみ)
  • 粘膜症状(口内がイガイガする・唇が腫れる)
  • 消化器症状(嘔吐・吐き気)
  • アナフィラキシー(上の4つが組み合わさって出る)

以上のような症状があります。

とくにアナフィラキシー

はやばいです。

命に関わります。

少しでもアナフィラキシーかと思ったら、救急車を呼んでください。

私の妹が何回かアナフィラキシーで病院行ってます。

私自身について

食べ物

私がどんな食物アレルギーを持っているのかについて、お話します。

卵・えび・かに

あわび・いか・いくら・キウイ

たこ・かに・牡蠣・子持ちししゃも・あさりなどの貝類・アボカド・生トマト・スイカ・メロン

パッと思いつくだけで、これだけあります。そして、ほとんどのものを食べたことありません。

なんかのコースの材料ですかね?ってくらい多いです。

気づいた方もいると思いますが、上から「義務付けられている7品目」「推奨されている20品目」「その他」で当てはまるものを書いてます。

ほんとに多いですね。

これ以上持ってる人もいたり、「大豆」「小麦」「米」など、外食できないくらいのきついアレルギーを持ってる人もいます。

そんな人たちに比べると、私の場合はまだマシですね。

普段の生活に支障はないですし、外食も気をつけときゃなんとかなりますしね。

北陸地方や北海道とか行ったら食べるもんないけど。(´;ω;`)

出たことのある症状

驚くかもしれませんが、は食べれる場合があります。

「ん?どゆこと?」って思う人もいるでしょう。

少量なら食べれるんです。ですが、症状もでます。

~少量の場合~

  • 食べた時に、ほんの少しだけ口の中がイガイガする
  • 1~2時間くらいで、体が少しかゆくなる

と、この程度ですね。たいしたことありません。慣れました。

卵以外はほとんど食べたことがないので、卵の換算しますね。

ラーメンの麺や揚げ物のつなぎで入ってる卵の量が私にとっての少量です。

もうほんとに少しですね。

ちなみに、スーパーの惣菜のコロッケは3つまでしか食べれません。それ以上はほんとに体調が悪くなります。

~中量の場合~

  • 口の中のイガイガが10分くらい続く
  • 気分が悪くなる
  • 1~2時間くらいで体がひどく痒くなる

ここらへんなら、救急車は呼ばなくてもどうにかなります。(私の場合)

ショートケーキ1つとか某有名ドーナツ店のドーナツを数個連続して食べるとこうなります。

こうなったら、私は、なにか飲み物を飲んで口の中を誤魔化して、回復を待つ戦法を取りますね。

ですが、ほんとにきついです。

~大量の場合~

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 痒みが止まらない

実際になった経験はほとんどありません。

というかなりたくありません。

卵自体をほんの一口食べると、こうなりました。

この時は、病院の検査でやったので、すぐに対処してもらいました。

詳しくは覚えてませんが

これは、あくまで私の基準により量を決め、症状を書いたものです。人それぞれ違います。

疲労が溜まっていたりすると少量でも吐く場合があります。

とまあ、食物アレルギー持ちの人しかわからないような経験をしてきてます。

日常生活で不便なこと

  • スーパーで買う前に表示を確認する
  • 友達と外食するときに、行けない店が出てくる(オムライスの店など)
  • 気軽に旅行にいけない
  • 旅行の際はあらかじめホテルにアレルギーがあることを伝えなければならない
  • 給食がみんなと違う
  • 学校の海外旅行に行かせてもらえない

ざっと、こんなもんですかね。

海外いけなかったのはほんとに辛いです。

最後に

とまあ、長々と話してきたわけですが、少しは理解を深めていただけたでしょうか。

世間を見てると、食物アレルギーに関する知識を持ってない人が多いように思われます。

まぁ、自分の事じゃないからあんまり気にしないのもわかりますがね。

これから、「アレルギー」についての記事は、27品目を使わない料理のレシピや体験談などについてお話していきたいと思います。

コメント欄

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。